スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ物

ざあざあ本降りの雨が降る。





これで「天気は回復に向かう」なんて・・・本当なのかなぁ。





猫じゃらしをゆらゆらと動かし、ぼ~っと空を眺めながらそんな事を悩んでいたら、
はなちゃんが顔を覗かせて来た。





IMG_5241_convert_20120229144304.jpg





右へ左へと規則正しく動くはなちゃんの黒い瞳が、嬉しそうに輝き始める。
何気なく動かしていたその手を止める事が出来なくなりつつ、それでも悩み続けた。
洗濯物、やっぱり干して行こうかなぁ。





誰ひとり起きてくる気配がない薄暗い朝は、私がみんなの目覚まし代わりとなる。
そんな私にいつもついて来るはなちゃんは、
ひとりひとりの寝起きを不思議そうな顔つきで眺める。
もしかして、一緒にお手伝いをしているつもりなんだろうか。
はなちゃん、頑張ってみんなを起こしたら、ふたりしてガッツポーズで決めようね。





雨の音に混じって小さな猫の鳴き声が聞こえた。
耳を澄ましながら何度も鳴くその声が、気になり出したら止まらなくなってしまった。
この雨の中、小さな子猫なんだろうか。
もしも今その猫を迎え入れたら、はなちゃんと上手くやっていけるだろうか・・・
一緒に遊んでくれる?
仲良く昼寝もしてくれる?
真剣に悩み続けながら、いつもひとりのはなちゃんに、そんなことを相談してみようと思った。





「ねぇ、閉じ込めないでよね・・・」





IMG_5254_convert_20120229144335.jpg





みんなが起きたその部屋に、ひとり置き去りにして閉じ込められていた、
そんなはなちゃんの心細い声だってことを、家族の一人が教えてくれた。
「忘れてやるなよ~」
どうやら私の勘違い。
あの可愛い声の持ち主は、はなちゃんだったんだね・・・





ちょっとだけ期待してしまった。
いつもひとりで留守番をしてくれたり、私がバタバタ忙しい時だって、
いつもひとりで遊びを見つけている。
そんなはなちゃんが、私はいつもいつも気掛かりになっていたから。
一生懸命はなちゃんと接しているつもりなのに、ふと遠くを見つめるはなちゃんの姿は、
無性に淋しそうに見えることに、私の淋しさだって何倍にも膨れ上がってくるから。





このままひとりでも平気なのか、はなちゃんに聞いてみたくなった。
もし・・・NOだと返事が返ってきた時、いったい何て答えてあげればいいのか、
私には自信なんて全くない。
だけどいつも気持ちはひとつ、これからも君のことをずっと大切にするよ。
はなちゃんをどこにも置き去りになんかしないように。





雨が上がってよかった。
雲がどんどん流れて行くように、これで気持ちも晴れてくることを願って・・・





はなちゃん、いつもいつも一緒にいようね。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

はなきちママ

Author:はなきちママ
我が家にやってきた、もと野良猫はなちゃんの日々を綴っています。
気軽にのぞきに来てください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

にほんブログ村 猫ブログ 家族猫へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。