スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内弁慶

「毛並み、整えなくっちゃ。」





脚を天高く挙げながら、なかなか格好よく毛繕い。
そんなはなちゃんに見つけた、ちょっとした失敗。





「おっと・・・」





IMG_2606_convert_20131130212604.jpg





脚を挙げたままの体勢で後ろへ転びそうになったはなちゃんが、
必死の体勢で踏ん張った。
バランスを崩したのか、それとも丸っこい体のせいなのか、
どちらにしても「恰好悪いなぁ。」と思ったはなちゃんは、
ますます懸命に毛繕いを続けた。
それがはなちゃんの照れ隠しだとわかっていた私は、
転びそうになったことを、決して誰にも言わないであげようと思った。





仕事帰りに。
山積みになった半額シール付きのパンを見つけた。
お腹が空いている時にこの誘惑に負けない人って、きっといないだろうなぁ。
ウキウキ気分でひとりパンを眺めていると、
隣に幼稚園の帰りらしき女の子がやって来た。
「美味しそうだね〜」話しかけた私に、女の子が頷いた。
「ほら、ここにチョコの入ったのがあるよ〜」女の子がまた頷き返してくれた。
ふたりで黙ってパンを物色。
「これ食べたことがある。」
悩んでいる私に彼女が教えてくれたのは、さつま芋の入った蒸しパン。
「へぇ〜」じつはおばさんも、これが大好きなんだなぁ。
胸の辺りで両手でしっかりとパンを握りしめて、
女の子はおかあさんのところへ行ってしまった。
可愛い声で教えてくれた蒸しパンを、私は楽しみに帰ろう。
彼女が選んだ「プリンパン」も、きっと美味しかったらいいのになぁと私は思った。





はなちゃんって、
お客さんが帰った後は、いつも元気がいいよなぁ。





IMG_2616_convert_20131130212640.jpg





訪ねて来た人に興奮したはなちゃんが、今度は紙ボールに大興奮した。
珍しくお客さんの目の前まで姿を見せに来てくれたはなちゃんは、
もしかして自分のその行動に「成長したなぁ。」なんて、
ひとり嬉しくなってしまったのかもしれない。





はなちゃんのお友達になれそうな猫の写真を見せていただいた。
まだまだ小さなこたちばかりだけれど、
これだけの猫が保護されていることと、その方のお家の二階には、
もっともっとたくさんの猫たちが保護されていることに、胸が熱くなってしまった。
「どのこにしようか。」なんて、一匹しか選ぶことができなことが、
何だか罪深くもあるような気がした。





「はなちゃん、どうするん?」
暑かった夏の日、バテていたはなちゃんのために、
部屋のクーラーを付けておいてくれたひとりにそう聞かれた。
どうもしないよ、今までどおり。
どうもしないよ、はなちゃんはいつもどおり。





だから私ははなちゃんの、貴重な意見を尊重してあげることを、
絶対に忘れないでいるつもりだ。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

はなきちママ

Author:はなきちママ
我が家にやってきた、もと野良猫はなちゃんの日々を綴っています。
気軽にのぞきに来てください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

にほんブログ村 猫ブログ 家族猫へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。