スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の布団

まっ先に掃除をしたかった部屋で、
はなちゃんが眠っていることに気付いた。





う〜ん、掃除機は無理だな・・・





(あたしは今、夢の中〜)





IMG_3778_convert_20140627234351.jpg





こうなることがわかっていたから、
今日もこの部屋を一番に掃除したかったのになぁ。
いつも掃除をする時に、なんとなく順番が決まってしまう掃除機の通り道。
今、はなちゃんのおなかの上には風の通り道ができていて、
たぶんそれがとっても気持ちいいんだろう。
大きくてどんな羽毛よりもふんわり軽くて、目には見えないそんな贅沢な布団を、
はなちゃんが独り占めして纏っているのかなぁと思った。





先日の夜、雷が鳴り出し、これは一雨来そうだなと思っていたら、
そんな生易しいどころではない大雨が降り始めた。
テレビの音も聴こえにくく、とんでもない雨だなぁと思ているのとは違って、
はなちゃんはご機嫌で親友のクマと遊んでいるみたいだな。
みんなとは別の部屋にいるはなちゃんの大声で鳴く声に、
家族の誰もがそう思った。
「あ、はなちゃん。」
耳を倒して小走りでやって来たはなちゃんは、余程この雨の音が怖かったんだろうか。
よしよし、はなちゃん、この部屋にいたらもう怖くなんかないからね。
「雨のおかげで涼しくなったなぁ。」
そんなふうに感じた突然の雨も、今はどことなく様子が変わったような気がした。
ひとり置き去りにされた親友のクマの強さとは反対に、
大雨の音が静まるまでみんなと同じ部屋にいたはなちゃんは、
本当は怖がりなのかも・・・と思った。





ひとつ大きな背伸びをしたはなちゃんに、わくわく。
そろそろ目が覚めてくれるかなぁと期待が膨らむ。





IMG_3776_convert_20140627234303.jpg





開いた両足の指が可愛いなぁ。
よし、ちょっと真似てみようかな。
そう思って頑張ってみたけれど、はなちゃんみたいに足の指をきれいに開くことが、
私にはどうしてもできなかった。





ちょうどいい高さの枕も、洗いたてのさらさらシーツも、
はなちゃんには必要なんてないんだな。
あまりくっ付き過ぎて暑くならないように、
はなちゃんから少しだけ距離をおいて私も寝転がってみた。
う〜ん、これか!
はなちゃんと同じ布団を纏えたことが、私は最高に嬉しい。





風に吹かれて。
はなちゃんと過ごした昼下がり、曇り空から薄日が溢れた。
人に励まされてもなかなか思うように元気を取り戻せない日があっても、
これならみんな元気になれるかなぁと感じた。





IMG_3775_convert_20140627234455.jpg





やっぱりまだまだ眠り続けるはなちゃんに、
これからも私はずっとずっとお世話になり続けていくのかなぁと思った。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

はなきちママ

Author:はなきちママ
我が家にやってきた、もと野良猫はなちゃんの日々を綴っています。
気軽にのぞきに来てください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

にほんブログ村 猫ブログ 家族猫へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。