スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸の鼓動

はなちゃんと一緒にお出かけの日。





まだまだ暑い日ではあるけれど、
ほんの少しだけカラッとした爽やかな風が吹き抜けるようになった。





ほ〜ら、はなちゃん、もう着いちゃった!





「ドキドキ、ドキドキ・・・」





IMG_0379_convert_20150827203826.jpg





子供の頃、腕よりもお尻に注射をする方が痛くないんだと言われた。
でもそれがとんでもなく痛かった時、私は見事に「騙された〜」と思った。
「大丈夫だよ〜」「すぐに終わるからね〜」
必死で猫なで声を連発する私を不安げに見上げるはなちゃんも、
今はそんな心境なんだろうか。
一年に一度のワクチン接種の日、注射なんてものの数秒で「はい、おしまい。」
私は君のことを騙していなかったことを、どうかわかってくれますようにと願った。





はなちゃんの診察が終わって、
まだ目の開いていない四つの小さな命に触れさせてもらった。
かわいい。
ただそう思う気持ちだけで、胸の中がいっぱいになった。
里親を捜す犬とは違って猫はその多くがすぐに殺処分されてしまう、
そんな愛護センターから先生が引き取ってこられたのだという。
猫だって逞しいおかあさんのおなかから生まれてきて、
こんなにも温かな体で生きているのにな。
愛護って、いったいどんな意味で使われているんだろう。
そんなことを考えながら、おかしな話だなぁと思った。
仔猫それぞれの首に着けられたリボンの色で、
きょうだいのうち一匹だけが女の子だとすぐにわかった。
生まれて来た仔猫たちの寿命というものが普通に尽きてゆくまで、
人の温もりがこの子たちをずっと包んでいてくれたらいいのになぁと願った。





とってもお疲れさまの一日だったはなちゃんへ。
今日も暑かったよねぇ。





P8160549_convert_20150827154726.jpg





ふふふ。
本当に疲れた顔をして振り向いたはなちゃんに笑った。
それとも・・・
どこかのお家から聞こえてくる鈴虫の声が、
はなちゃんのドキドキだった気持ちを、そっと落ち着かせてくれているのかもしれない。





職場の裏通りで一生懸命猫を呼んでいる人に出会った。
「ニャ〜ン」と返事で答えてくれながら、
草むらで腹這いになっているその猫の顔がとっても気持ちよさそうに思えた。
避妊も終えて耳もカット。
そんな地域猫の穏やかな姿なのかなぁとも思った。





一緒に暮らすはなちゃんは今日もビクビクドキドキで、
誰が訪ねて来ても少しの物音がしても警戒心旺盛なところがまだまだある。
初めて出会った時、人馴れしているふうに感じはしたけれど、
はなちゃんはやっぱり・・・
ひとり迷子になってしまった純粋な野良猫だったのかもしれない。





一年に一度はなちゃんと出かける日はいつもいつも暑くて、
蝉の鳴き声が遠くから励ましてくれているようで、
はなちゃんのビクビクな気持ちとは正反対のキラキラ元気な夏の一日。





はなちゃん、これからも元気で過ごして下さい。
はなちゃん、これからもそのビビりな心にいっぱい磨きをかけて下さい。





今年の夏もあと少し。
私ははなちゃんと今日もまたひとつ、貴重な思い出を作れたことが嬉しい。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

はなきちママ

Author:はなきちママ
我が家にやってきた、もと野良猫はなちゃんの日々を綴っています。
気軽にのぞきに来てください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

にほんブログ村 猫ブログ 家族猫へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。