スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話

どんより曇り空のもと。
今朝、はなちゃんとミーちゃんが揃って外を眺めていた。





う〜ん。
カーテンの裾から顔だけを覗かせるのは、何か意味でもあるんだろうか。





P4261057_convert_20160609222623.jpg





「ねぇ、はなちゃん、あの飛んでいる虫は何ていう名前?」
「私にもよくわからない。でも、いつもこの季節になるとやってくるのよね〜」
「ふ〜ん・・・」
外を眺めている猫の後ろでこんな会話を想像するのはとても楽しい。
そして何よりも二匹が仲良くしている姿を眺めるのは本当に嬉しい。





雇用AI新時代
朝刊でそんな記事が目に留まった。
人工知能やロボットで代替されそうな仕事が、なんと100業種もあるという。
わ、やばい、私が携わっている仕事も堂々とその中に含まれていることを知ってしまった。
便利、スピーディー、etc。
すご技を創り出す人間は、きっと誰もが天才なのかなぁと思いながら
考えてみたくなったことがある。
もしも地域猫のお世話をするのが人ではなくロボットだとしたら・・・。
一秒の誤差もなく決まった時間にごはんが用意され、トイレの始末も問題なし。
きっと猫たちの生活に快適さがなくなることはないんだろうな。
でも、どうしても人間にはかなわないところがあるはず。
頭を撫でてもらう温もりに、優しさいっぱいの溢れる匂いに・・・
考えたらもっともっと出てくるだろうなぁと私は思った。





なかなか眠りにつかずにいたミーちゃんとチーちゃんが、
やっと仲良く「おやすみなさい。」





P6051116_convert_20160609222414.jpg





突然喧嘩を始めたり、おもちゃの取り合いっこをしたり。
それでも二匹は仲良しで、いつもどこかで繫がっているものがある。
猫の兄妹の関係って美しいもんだなぁと思いながら私は二匹を眺めた。





ふふふ。
はなちゃんもそろそろ「おやすみなさい。」





P3150973_convert_20160609213107.jpg





キュッと瞑ったその目が小さくて可愛い。
明日はその目を大きく開いて、
またみんなと窓辺の楽しみを見つけてくれますように。





「ねぇ、はなちゃん、ごはんまだかなぁ。」
「きっともうすぐ。だから名前を呼ぶ声が聞こえたら、一緒に振り向いてみせようね。」
もしもカーテンの向こうでそんな会話を交わしてるのなら、
私はおもいっきり大声で名前を呼んであげようと思う。





そしてどこかで潜んでいるもう一匹へ。
私が大声で名前を呼んだら、君も急いで姿を現してくれますように。





未来に向かって作り出された技術の素晴らしさは数えきれない。
猫たちのために尽くされる人の温もりも、
まだまだ増え続けるものであってほしい。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

はなきちママ

Author:はなきちママ
我が家にやってきた、もと野良猫はなちゃんの日々を綴っています。
気軽にのぞきに来てください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

にほんブログ村 猫ブログ 家族猫へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。