スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕業

不要になったカゴを捨てるのが勿体なくて
何かに再利用しようと考え中。





やっぱりはなちゃんに使ってもらおうかなぁ。





と思っていたのに・・・





IMG_4093_convert_20140924150844.jpg





本人ではなく親友のクマが中でひっくり返っていた。
さてははなちゃん、親友にその寝心地を教えてもらうつもりだな。
親友が入ってこのサイズだから・・・きっと狭いだろう。
まずは誰かに確かめてもらって!
そんな慎重派のはなちゃんに、
この計画はやっぱりなかったことにしてもらおうと私は思った。





はなちゃんが気持ちよさそうに毛繕いする姿を眺めていたら、
いつもより10分も家を出るのが遅れてしまった。
大急ぎで自転車を走らせて、汗を拭きながら急いで身支度をすませた。
幸い更衣室には私ひとり。
そんな取り乱した様子なんて誰にも見られていなかったことに、
ホッと胸を撫で下ろした。
さあ!何もなかったかのようにいつもの朝礼が始まる時間。
「ロッカーの扉が全開だったから閉めておいたよ〜」
大きな声で教えてくれたひとりに「ありがとう。」
慌てたら失敗がくっ付いてくることを、私は今日も知ってしまった。
ふふふ、はなちゃんなら全開の扉の中に入っていただろうな。
狭いロッカーの中と仕事中の更衣室のあの静まり返った空気、
きっと寝心地のよさは間違いなし。
何やら難しい話の朝礼中、私は必死で笑いを堪えた。
ロッカーで眠るはなちゃんの姿を想像しながら真剣に話を聴くことは、
絶対に無理かも!と私は思った。





はなちゃんと紙ボールで遊んだ。
あまりの蒸し暑さに、畳の上の気持ち良さをはなちゃんと感じた。





IMG_4015_convert_20140924150801.jpg





台風が近づいているからだろうか。
風もなく土の香りの強さに、そろそろ雨が降り出しそうな夕暮れ。
はなちゃんが休憩中に洗濯物を片付けてしまおう。
まだまだ君と遊ぶ楽しい時間を作れることを願って。





挨拶をする時には左手で右手をおおって。
「私はあなたのことを攻撃しません。」そんな意味が込められているのだという。
腕を組んで寛ぐはなちゃんにも、何か意味があるのかな。
考えてみたけれど思い浮かばなかった。
頭を撫でても鼻をツンツンしても、
気に入らない時にはすぐに猫パンチがとんでくるから。
「負けるもんか!」
そんなはなちゃんの表情を攻撃し続けることが、私にはいつもできないでいる。





私の顔を睨むはなちゃんの頭を撫でてみたら、
今日は無事、猫パンチがとんでくることはなかった。
はなちゃん、どうもありがとう。
今から私はおもいっきり、君の体を撫でることにするからね。





夕陽が顔を出さない夕暮れに、なでなでなでなで〜
これが君の静かな子守唄の代わりになれば、私はそれだけでとても嬉しい。


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

笑っちゃいけない時ほどいろいろ考えてしまいますよね(笑)

はなちゃんなでなでいいな^^

のん。さんへ

こんばんは
コメントどうもありがとうございます!

そうですよね〜
あと、思い出し笑いとか(笑)
怒ってばかりいるよりは、絶対にいいかもしれませんよね。
明日もどうか笑って過ごせる日でありますように!

No title

いつもより遅れた出勤で慌てると危ないのは、事故とか交通の事です。
気をつけてくださいね。
私も慌てた日に自転車でコケたりしてます。
怪我はなくても危険を伴います。
朝は車の往来が二次災害に繋がるから!
はなきちママが無事で良かった、と思うし、
はなちゃんもそう思った、と思います。

Sabimamaさんへ

こんばんは
コメントどうもありがとうございます!

本当にそうですね、反省です・・・
時間と心の余裕、大切にしたいと思います。
もう少し早起きすれば、猫と過ごす時間が増えるんですものね!
プロフィール

はなきちママ

Author:はなきちママ
我が家にやってきた、もと野良猫はなちゃんの日々を綴っています。
気軽にのぞきに来てください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

にほんブログ村 猫ブログ 家族猫へ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。